畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.9.20

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから


無印良品有楽町が大規模リニューアルをしました。

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました。

小売店のこれから

店内の写真は完全に忘れてしまいましたが、売り場を区切る視覚的な敷居の役目を果たすアトリエ・ワンさんが設計したという本棚の什器が目を引きます。本はもちろん視覚的な効果のためだけでなく売り場の商品構成物の一つとなっていて、2万冊という品揃えはいちいち目を引くセレクションなのでついつい滞在時間が伸びます。

蔦屋家電しかり、物販をする店舗が物と書籍を併設して販売する販売法を良く見る気がしますが店舗の滞在時間とコンバージョン率には相関関係があるのでしょうね。

今回一番目を惹いたのは書籍売り場、というか閉店30分前だったのでそれぐらいしか見られなかったのですがそれにに加え、大きくなった「インテリア相談カウンター」「インフィルゼロ」「インフィルプラス」などが新たに設けられ、小売というより暮らし方を提案して売るという方向にシフトしているのだろうなと強く感じました。

ネットで同じ物が安く買える時代に必要なのは一つの物を売るのではなく、どのように組み合わせれば良いのかを提案して売る事なのでしょう。
売り場はカテゴリーだけではなくテーマで分けられ商品の名前やメタデータだけではなくそれを買った自分がどうなるのかをイメージさせる構成になっています、一方レジはセルフ式も一部導入され売買が実際に行われる場には人がいなくてもよく、購買を決めるまでに人が必要という事を示唆しているような気がしました。

フライヤーも集めました

数枚ですがフライヤーも集めてきました、6枚ぐらいいただいてきたのですがうち2枚は印刷ではなく店舗で刷られたもののようで見せるフライヤーと情報を伝えるだけのフライヤーで明確に分けられているようでした。

印刷の物だけご紹介です。

MUJI BOOKS

MUJI BOOKSのフライヤー、シンプルですが無印良品らしさがでてますね。

MUJI

MUJI

展示が定期的にお行われていたATERIER MUJIはOpen MUJIに、最初の企画「お直し市場」のフライヤー。

これだけの提案販売が出来る大型店はともかく、これからの小規模小売店の行方はどこにあるのだろうと思わず考えさせられてしまう無印訪問となってしまいました。

今回は田中一光さんが中心となりまとめたといわれる無印良品の最初期のコンセプトを集めた「無印の本」の現代版「素手時然」です。すいませんまだ読んだ事ないのですがきっと面白いだろうという期待を込めて…、自分も読みます。

素手時然


縞模様の歴史

関連記事

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

WELEDA

良デザインのフリーペーパー 21選 新聞紙のようなもの、再発掘

久しぶりのフリーペーパーです、家を整理していたら出てきたものや銀座、二子玉川近辺で発見したものなどなかなかの量が集まりました。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

ALPHA BETA COFFEE

Alpha Beta Coffee Club 定額性コーヒー店 自由が丘 Google出身者がオープン

サブスクリプション型飲食店、ありそうでなかったタイプですが2017年4月に自由が丘にサブスクリプション型の珈琲店ができました。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト