畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.9.20

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから


無印良品有楽町が大規模リニューアルをしました。

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました。

小売店のこれから

店内の写真は完全に忘れてしまいましたが、売り場を区切る視覚的な敷居の役目を果たすアトリエ・ワンさんが設計したという本棚の什器が目を引きます。本はもちろん視覚的な効果のためだけでなく売り場の商品構成物の一つとなっていて、2万冊という品揃えはいちいち目を引くセレクションなのでついつい滞在時間が伸びます。

蔦屋家電しかり、物販をする店舗が物と書籍を併設して販売する販売法を良く見る気がしますが店舗の滞在時間とコンバージョン率には相関関係があるのでしょうね。

今回一番目を惹いたのは書籍売り場、というか閉店30分前だったのでそれぐらいしか見られなかったのですがそれにに加え、大きくなった「インテリア相談カウンター」「インフィルゼロ」「インフィルプラス」などが新たに設けられ、小売というより暮らし方を提案して売るという方向にシフトしているのだろうなと強く感じました。

ネットで同じ物が安く買える時代に必要なのは一つの物を売るのではなく、どのように組み合わせれば良いのかを提案して売る事なのでしょう。
売り場はカテゴリーだけではなくテーマで分けられ商品の名前やメタデータだけではなくそれを買った自分がどうなるのかをイメージさせる構成になっています、一方レジはセルフ式も一部導入され売買が実際に行われる場には人がいなくてもよく、購買を決めるまでに人が必要という事を示唆しているような気がしました。

フライヤーも集めました

数枚ですがフライヤーも集めてきました、6枚ぐらいいただいてきたのですがうち2枚は印刷ではなく店舗で刷られたもののようで見せるフライヤーと情報を伝えるだけのフライヤーで明確に分けられているようでした。

印刷の物だけご紹介です。

MUJI BOOKS

MUJI BOOKSのフライヤー、シンプルですが無印良品らしさがでてますね。

MUJI

MUJI

展示が定期的にお行われていたATERIER MUJIはOpen MUJIに、最初の企画「お直し市場」のフライヤー。

これだけの提案販売が出来る大型店はともかく、これからの小規模小売店の行方はどこにあるのだろうと思わず考えさせられてしまう無印訪問となってしまいました。

今回は田中一光さんが中心となりまとめたといわれる無印良品の最初期のコンセプトを集めた「無印の本」の現代版「素手時然」です。すいませんまだ読んだ事ないのですがきっと面白いだろうという期待を込めて…、自分も読みます。

素手時然


縞模様の歴史

関連記事

BLACK AND WHITE BOOK

やる気を出してくれる美術展のフライヤー13種 

美術展系のフライヤーが溜まってきたのでご紹介、美術展系は相変わらずクオリティが高いです。見てるとやる気が出てきます。

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

ROHDIA

RHODIA 爆買い、でもないか

いろいろありましてRHODIAを爆買いしました。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト