畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.9.16

100 Tools 自分の道具 編集の仕事


本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。
TooLs

TooLs
猪熊弦一郎さんの「物物」、ソニア・パークの「ソニアのショッピングマニュアル」なんかも同ジャンルでしょうか。元祖みたいなところだと「Whole Earth Catalogue」は知る限りこの系統で一番古い雑誌だと思います。

内容としてはアーティストや文化人のベストバイ、もしくは愛用の道具といったものを美しい写真とともにひたすら並べていくといったもので、なにも考えずにただ眺めるだけで楽しく、あるいは自分でものを選ぶときの指針となったりするような本です、思えば先日ご紹介した「THE SHOP」も同じ概念のリアルショップ版ですね。

編集の仕事

もともとあるものを再構築して新しいものを作るというのは編集の仕事だと思うのですが、今後編集の仕事はどんどん増えて行きますね。

世の中みんな何かを常に探しているけど探すのが面倒くさい、Pinterestやまとめサイトのようなメディアがこれだけ支持を得ているのも見てもよくわかるし、もので探すのでなく編集されたものを探すのが当たり前になってきてます。

編集というものはもともと雑誌や書籍などでプロの編集者と呼ばれる人のみに許されてきた仕事ですが、情報が溢れかえるネットの中でそれをまとめるのをプロの編集者だけにまかせるにはあまりにもソースが多すぎました。

いろいろなジャンルのプロフェッショナルがそれぞれのジャンルを編集する、今はネットだけで編集が盛んですがネット以外のリアルの場でも編集的活動は増える予感がします。

たとえば尾道デニムプロジェクト、尾道で行われているユーズドデニムの新しい形です。デニムをただ売るだけではなく様々な職業の人に履いてもらい個性的な色落ちをストーリーとして伝え付加価値として売る。

既存のデニムの売り方を再編集したかのようなアプローチは別の商売にも応用できそうです。自分もデザイナーとして編集の仕事への関わり方を考えていきたいと真剣に考えていかなければと猛省。

今回のおすすめは編集という仕事を書籍などの編集という狭い枠組みではなく、雑誌から広告、展覧会、デパートなど多くの枠組みで捉えられると提言する一冊菅村雅信さんの「はじめての編集」。基本的な編集の歴史から世の中を動かす企画の成り立ちなどが詰まった一冊です。

はじめての編集 [単行本]


縞模様の歴史

関連記事

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

POND-YA

良デザインショップカード13種 

今までショップカードはほとんど自分の足で探してましたが、今回は人にもらった物も一部混ざっています。京都のやつは京都旅行帰りの友人からのもらいものです。

PP_graphic_trial_2013

グラフィックトライアル 2014 印刷博物館P&Pギャラリー

凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷グラフィック表現の可能性を探るこの展示、今回は浅葉克己さん、水野 学さん、長嶋りかこさん、南雲暁彦さんが参加されるそうです。

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

ANKER USBケーブル

ANKER ケーブル パッケージ&冊子

たまたま買ったANKERのUSBケーブルのパッケージがよく出来ていたのでご紹介。

ALPHA BETA COFFEE

Alpha Beta Coffee Club 定額性コーヒー店 自由が丘 Google出身者がオープン

サブスクリプション型飲食店、ありそうでなかったタイプですが2017年4月に自由が丘にサブスクリプション型の珈琲店ができました。

pantone_color_of_the_year_greenery_color_formulas_guides

PANTONE Color of the year 2017 来年の色と気分

グラフィック、ファッション、プロダクトなどあらゆる色に関するマッチングを行うPANTONEが2017年の「色」が発表されました。

東海道五十三次 蒲原宿 歌川広重

水玉の歴史 古代ギリシアから東海道五十三次まで

ボーダーと並ぶパターンと言えばドット柄です、ボーダーとは異なりドットに関しては体系的にまとめられた書籍が見つかりませんでしたが今回3冊の書籍とWebを参考にまとめてみました。

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト