畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.9.16

100 Tools 自分の道具 編集の仕事


本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。
TooLs

TooLs
猪熊弦一郎さんの「物物」、ソニア・パークの「ソニアのショッピングマニュアル」なんかも同ジャンルでしょうか。元祖みたいなところだと「Whole Earth Catalogue」は知る限りこの系統で一番古い雑誌だと思います。

内容としてはアーティストや文化人のベストバイ、もしくは愛用の道具といったものを美しい写真とともにひたすら並べていくといったもので、なにも考えずにただ眺めるだけで楽しく、あるいは自分でものを選ぶときの指針となったりするような本です、思えば先日ご紹介した「THE SHOP」も同じ概念のリアルショップ版ですね。

編集の仕事

もともとあるものを再構築して新しいものを作るというのは編集の仕事だと思うのですが、今後編集の仕事はどんどん増えて行きますね。

世の中みんな何かを常に探しているけど探すのが面倒くさい、Pinterestやまとめサイトのようなメディアがこれだけ支持を得ているのも見てもよくわかるし、もので探すのでなく編集されたものを探すのが当たり前になってきてます。

編集というものはもともと雑誌や書籍などでプロの編集者と呼ばれる人のみに許されてきた仕事ですが、情報が溢れかえるネットの中でそれをまとめるのをプロの編集者だけにまかせるにはあまりにもソースが多すぎました。

いろいろなジャンルのプロフェッショナルがそれぞれのジャンルを編集する、今はネットだけで編集が盛んですがネット以外のリアルの場でも編集的活動は増える予感がします。

たとえば尾道デニムプロジェクト、尾道で行われているユーズドデニムの新しい形です。デニムをただ売るだけではなく様々な職業の人に履いてもらい個性的な色落ちをストーリーとして伝え付加価値として売る。

既存のデニムの売り方を再編集したかのようなアプローチは別の商売にも応用できそうです。自分もデザイナーとして編集の仕事への関わり方を考えていきたいと真剣に考えていかなければと猛省。

今回のおすすめは編集という仕事を書籍などの編集という狭い枠組みではなく、雑誌から広告、展覧会、デパートなど多くの枠組みで捉えられると提言する一冊菅村雅信さんの「はじめての編集」。基本的な編集の歴史から世の中を動かす企画の成り立ちなどが詰まった一冊です。

はじめての編集 [単行本]


縞模様の歴史

関連記事

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

紙博

紙博 in 東京 vol.2 開催決定

紙博のVol.2が開催です。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

LABRICO

パンフレットのデザイン 18種

パンフレットを集めました、比較的小さめのもの中心です。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

健康音楽 看板

【レビュー】健康音楽 坂本龍一の印象派ラジオ体操

行きたいなーと思いながらもチケット代がややお高めだったので諦めつつあったのですが、何とチケットをいただくという幸運にめぐり合ったので行ってきました。

アップルのデザイン戦略

アップルのデザイン戦略とアップル・コンフィデンシャル2.5J

最近アップル関連の書籍を読み漁っています。

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト