畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.8.23

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達


この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。
個人的にはアイテムを選ぶ際の志向性が、気をてらわず物自体があまりデザインを主張しない物にどんどん収束しているので、セレクト感覚自体がスタンダード化しています。
そんな自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

THE SHOP
THEのCPサイトより。
東京駅KITTEの中にあるお店、その名も「THE SHOP」。
タオル、包丁、Tシャツ、カバンなどあらゆるジャンルから定番といえるアイテムだけを選りすぐったお店です。

THE SHOP


名前がファミンコン時代のゲーム、MOTHERとかに出てきそうな店名ですでにぐっと惹かれてしまいますが、売っている物がどれもこれも心惹かれてしまうものばかりでテンション上がりまくりです。
同じようなコンセプトだと無印良品がありますが、無印良品のハイエンド版に感覚的には近いです。
無印良品は主張のないプロダクトとブランドだと思っていましたが、このTHE SHOPと比べると非常に強い主張がありますね。

無印良品はもともと西友のプライベートブランドとして始まったのもあり、スタンダードな商品をパッケージや広告を簡素化することで価格を抑えるという手法でブランドがスタートしています。

THE SHOPのセレクト&プロダクトは◯◯といえばこれ、という理念に基づいてセレクトや制作されています。例えばとCPサイトのコンセプトに出ているのが、ジーンズといえばLevi’s 501といった具合。

明確に無印と違うのが良いものを安くという価格訴求やデザインしないというコンセプトではなく、そのジャンルの最も良いものを選ぶというシンプルさが、逆に製品自体のコンセプトやデザインに自由度があります。

THE SHOP

ショップカードはこんな感じ、安定のスタンダード感。

お店でも売っていた忠房の包丁をご紹介、今度から何かが欲しいという時は真っ先に覗くお店になりそうです。

忠房 ステンレス青紙鋼割込付 洋包丁 三徳型 S-10


縞模様の歴史

関連記事

柳原良平

Orange! 株式会社サン・アド創立50周年記念展覧会

サン・アドが創立50周年だそうで、ギャラリー916にて記念展覧会が9月6日まで開催中です。

春の祭典

展覧会、ダンス等のフライヤー11選

紙モノ集めをしているといいモノが集まりやすいジャンルがやはりあるのですが、いいモノが集まりやすいのが展覧会や公演系です。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

SALT & SOIL DELICATESSEN

良デザインショップカード 2015夏 渋谷

新しい街や久々に足を運んだ街では紙物の収穫が大きいです。 今回は渋谷近辺で収穫した物たち、白地ベースとカラフルなのを両方混ざっています。

活版印刷

名刺 活版印刷

名刺でやってみたいと思いつつなかなか試す機会がなかったのが活版印刷で、近々の名刺作り案件で使えそうなので紙と刷り見本を取り寄せてみました。

無印良品うちわ

UXとシンプルなデザイン

アプリのUIデザインをやらせてもらった時UXについても調べてみたりしました。 何しろ元は紙媒体メインでウェブはたまにお仕事をいただくぐらいの感じなのでUXについてきちんと勉強したことはありません。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

gooddays

フリーペーパーのデザイン 16種 新聞紙、小型、大型

2017年一発目のコレクション紹介はフリーペーパーです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト