畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.8.23

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達


この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。
個人的にはアイテムを選ぶ際の志向性が、気をてらわず物自体があまりデザインを主張しない物にどんどん収束しているので、セレクト感覚自体がスタンダード化しています。
そんな自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

THE SHOP
THEのCPサイトより。
東京駅KITTEの中にあるお店、その名も「THE SHOP」。
タオル、包丁、Tシャツ、カバンなどあらゆるジャンルから定番といえるアイテムだけを選りすぐったお店です。

THE SHOP


名前がファミンコン時代のゲーム、MOTHERとかに出てきそうな店名ですでにぐっと惹かれてしまいますが、売っている物がどれもこれも心惹かれてしまうものばかりでテンション上がりまくりです。
同じようなコンセプトだと無印良品がありますが、無印良品のハイエンド版に感覚的には近いです。
無印良品は主張のないプロダクトとブランドだと思っていましたが、このTHE SHOPと比べると非常に強い主張がありますね。

無印良品はもともと西友のプライベートブランドとして始まったのもあり、スタンダードな商品をパッケージや広告を簡素化することで価格を抑えるという手法でブランドがスタートしています。

THE SHOPのセレクト&プロダクトは◯◯といえばこれ、という理念に基づいてセレクトや制作されています。例えばとCPサイトのコンセプトに出ているのが、ジーンズといえばLevi’s 501といった具合。

明確に無印と違うのが良いものを安くという価格訴求やデザインしないというコンセプトではなく、そのジャンルの最も良いものを選ぶというシンプルさが、逆に製品自体のコンセプトやデザインに自由度があります。

THE SHOP

ショップカードはこんな感じ、安定のスタンダード感。

お店でも売っていた忠房の包丁をご紹介、今度から何かが欲しいという時は真っ先に覗くお店になりそうです。

忠房 ステンレス青紙鋼割込付 洋包丁 三徳型 S-10


縞模様の歴史

関連記事

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

NO LONGER HUMAN 2

NOLONGER HUMAN NAKAJIMA NOBUYUKI

作曲家でピアニストの中島ノブユキさんのインタビューをまとめたフリーペーパー「NO LONGER HUMAN」のVol.1 2を手に入れたのでご紹介。

tokyo midtown award 2008

Tokyo Midtown Award 2017 東京ミッドタウンのデザインとアート

2008年より開催されている「Tokyo Midtown Award」が7月24日まで受付中です。

calendar

ありそうで意外とないシンプルなカレンダーを作ってみました

仕事のスケジュール管理はいただきものの卓上カレンダーというアナログな自分ですが、気がついてみると家にカレンダーがありません。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

1分間の事象

グッドデザインのフライヤー19選 SPIRAL 他

デザインの土壌が豊かそうな場所で集めてきたグッドデザインのフライヤーをご覧ください。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

PLAY HOKUSO

フリーペーパーのデザイン 21種 2017春 季節のビジュアライゼーション

春っぽいフリーペーパー勢ぞろいです。

stan getz focus

Stan Getz |Focus 粋な勘違い

なんとなく音楽の話題はこのブログでは避けていたのですが、久々にがつんと来てしまったアルバムがありまして、とはいっても別に新しい現代のアルバムでもなく1961年のジャズです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト