畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.8.2

新聞紙のようなフリーペーパー、フライヤー 2種類


新聞紙のようなデザインのフリーペーパーやフライヤーです、新聞紙のようなデザインというわかるようでかなり抽象的なカテゴリー。撮りためたPinterestを改めてみると主にタブロイド版的な大きさ、紙質、見出し大きめ、色数少なめの写真orイラスト大きめというコードを幾つか満たしていると「新聞紙のような」というカテゴリーに分類されるようです。

TODAYs SPECIAL PAPER

TODAYs SPECIAL PAPERのマンスリーペーパー。紙質、大きさ、色数少なめ、イラスト大きめ、レイアウトと全て新聞紙っぽさ要件を満たしています。

TOKYO PAPER

TOKYO PAPER

以前も一度ご紹介したTOKYO PAPERの9号。最初は割とベーシックなデザインだったのですがちょっと見ないうちにかなり遊びのある雰囲気になっていました。

これも、大きさは縦406、幅272とタブロイドサイズ。紙質、レイアウト、色使いと新聞紙っぽいコードがふんだんに盛り込まれています。

新聞紙のようなデザインコード

新聞紙のようなデザインコードは前述したようなものがありますが、とくに大きさ、紙質、レイアウトが大きな要因となりそうですね。

どんなデザインでも分解していくと幾つかのコードの組み合わせで出来てるのがわかりますね。今までは雰囲気で分別していましたが、ぎりぎりで選ばれなかったものと選ばれたものの差をきちんとわけると自分が製作するときのライン作りになりますね。

わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた


縞模様の歴史

関連記事

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

モリサワ

モリサワ新書体発表

日本を代表するフォントメーカーモリサワがA1ゴシックを含む17書体を今秋リリース予定です。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

活版印刷

名刺 活版印刷

名刺でやってみたいと思いつつなかなか試す機会がなかったのが活版印刷で、近々の名刺作り案件で使えそうなので紙と刷り見本を取り寄せてみました。

TypeKIDS

FONTPLUS DAY Vol.9 活字は踊る Type KIDS

定期的にフォントを学ぶ機会を下さるソフトバンク・テクノロジー主催のイベントFONT PLUS DAYのVol.9が7月5日に開催されいます。

アップルのデザイン戦略

アップルのデザイン戦略とアップル・コンフィデンシャル2.5J

最近アップル関連の書籍を読み漁っています。

財務3法

デザイナーが読むべき財務入門

自分を含めデザイナーという職業の人は割と財務や経営を自分とは別次元の話だと考えがちです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト