畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.7.26

2020東京オリンピックエンブレム決定


2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

東京オリンピック2020 エンブレム

※東京オリンピック公式サイトより

https://tokyo2020.jp/jp/emblem/
ぱっと見で前回大会亀倉さんのエンブレムを踏襲してるのが良くわかるし、自分の第一印象は一光さんのNihon Buyoポスター。

田中一光 nihon buyo

ちなみに一光さんは1964年の東京オリンピックのエンブレムコンペにも参加しています。

黒が縁起が悪いと少し言われてますが五輪の輪にも黒は入っているし、髪の毛、瞳の色、陰翳礼讃よろしく影の美的文化など日本的な色でもあると思います。

そもそもこのエンブレムの中で悪さしてるのは実はグレーだと思われます、グレーと黒、白の組み合わせが全体の印象を引っ張っているのは否めません。

ですが上記踏まえても現代のことだけでなく過去に行われたオリンピックの印象、時代のデザインを残しながら極めて日本的にリデザインされたよいエンブレムだと個人的には思います。

東京オリンピック [DVD]


縞模様の歴史

関連記事

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

HYKE SNEAKER

紺と白のオブセッションとその解法

adidas originalsとHYKEのコラボアイテムが本日3月16日から発売されました。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

Moleskine folio folder

MacBook Air 11inch Moleskine Folio Folder

MacBook air 11inchとMoleskine folio folderは相性抜群でした。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト