畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2013.10.29

良いデザインのフリーペーパー 8選


最近はフリーペーパーといってもただとは思えない出来の物が多数あります。

今まで手に入れたもので装丁やデザインが凝ってるなあと思うものを上げてみます。

JONES
jonesビームス発行のフリーペーパー、正確に言うとZINE。架空の?Mr.jonesが外国を旅する体で各都市のファッションやカルチャーを紹介します。表紙周りの紙がこっていて特色一色刷りがかっこいいです。

tokyo art map
artmapその名の通り東京で開催されている展覧会などの情報を発信するフリーペーパー。裏面は一面広告になっていて僕が手にしたときはアンドレアス・グルスキーのカミオカンデを写したポスターになっていました。
tokyo art map

花椿
hanatsubaki以前まで100円で売られていましたがいつの間にか無料配布されるようになっていました。

アートディレクターが仲條正義さんから澁谷克彦さんに変わり判型もA4からB5に変わりましたが美しさは相変わらずです。特に紙がヴァンヌーボでしょうか?少しグロスっぽい用紙にニス刷りしてるのか、これ本当に無料なのかなと青山ブックセンターの店員さんに聞いてしまいました。
花椿

ポワンディロニー
poindrone-213x300最初に見つけたときなんだこのきれいな紙と思って調べたらで発行されている。アニエスベーが発行するビジュアルペーパーでした。

以下引用、各号でゲストアーティストが紙面を使って全く自由に作品を展開。毎号、およそ10万部ほどのポワンディロニーが、世界中のセレクトされた場所(アニエスベーのブティック、美術館、ギャラリー、学校、カフェ、映画館)にて無料で配布されている。

「ポワンディロニー」マークは、句読点の一種で、19世紀の終わりにフランス人作家のアルカンテール・ド・ブラームによって提唱された。皮肉めいた内容を指し示すために、フレーズの最後に使われる。

紙質も素敵だしみててわくわくするフリーペーパーです。
ポワンディロニー

METRO MIN.
H1東京メトロ構内で毎月20日に発行され即棚からなくなってしまう人気のフリーペーパー。
groovisionsがアートディレクションをやっています。グルビらしいポップで明るい色とレイアウトで読み易く楽しい誌面になっています。
METRO MIN.

BLUE NOTE TOKYO
bluenoteジャズの名門ブルーノート東京が発行する新聞です。
タブロイド版で4色刷り、新聞と同じ用紙を使って新聞らしさをより強調して時間の動きが感じられます。
基本的にはシンプルな作りですが小気味よく組まれたアーティスト名と写真のトーンがとても心地良く、ブルーノートという老舗ジャズクラブの雰囲気をともぴったり合っています。
BLUE NOTE TOKYO

WB
waseda無料文芸誌。 ページごとに全然デザインが違ってB級な感じのデザインがよいです。反対から読むとこどもWBになります。
WB

 ZOUNO HANA JOURNAL

zounohana横浜市立美術館発行の美術家へのインタビューなどが載ったA1を四つ折りにした季刊フリーペーパー。大きな紙に2色刷りがかっこいい。
ZOU NO HANA

リトルプレスをつくる


縞模様の歴史

関連記事

装丁と仕事 世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅

シャネルのカール・ラガーフェルドやロバート・アダムスなどの写真家、ギュンターグラスのようなノーベル賞作家まで様々な顧客からの信頼を得て数年先までスケジュールが埋まっているという出版社がドイツのstei

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

CDT

小冊子の装丁 CDT 葛西薫

本屋を一周してなにげなーく帰り際に平積みコーナーを覗くと上品なピンク地と鮮やかな紺文字で一際目立つ小冊子がありました。

プリントギャラリー

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー

先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト