畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.7.12

良デザインな地域のフリーペーパー、PR誌


最近というわけでもないですが、地域で産地の品物をリデザインした製品のデザインがとても良かったりするのをよく目にしますが、地域活性化の情報誌なんかも良デザインなものがとても多くて感心させられてしまうことがしばしばです。
そんなフリーペーパーを少しご紹介します。

にこり

長崎県のPR紙「にこり」。とても丁寧な文字組と写真のバランスが安心して読めます。

Exploring fukuoka

とても薄い冊子ながらカバーと本文、挟み込みで3 つの判型を使っています。

のんびり

紙はライトスタッフでしょうか、手触りよく厚みがあるわりに軽いです。読み応え抜群。

北のとびら

表紙のデザインが毎回違うようです、この号は蒲原みどりさん。

KOKO

表紙だけでなく中面も撮影・スタイリング、企画と非常に凝ってます、表4の漫画もいい。

愛媛松山

夏目漱石生まれたる街、松山のPR誌だけあって文字数多め。

銀天街で会いましょう

長野陽一さん人物写真がとてもいいです、表情最高。

とさぶし

なんとなく全体的にてんこ盛りな感じです、いい意味で。

びびんこ

「雲のうえ」クウネルの有山達也さんがアートディレクションしています、写真と書き文字のバランスが秀逸。

かまくら

ストレートなタイトル、内容も超充実。

もらってきたのは2、3年前とかのものが多かったのですが、目をちゃんと通したものは少なかったです。表紙のデザインはいいけど中は文字が多いものが多いので読み切れる以前に挫折してしまうことも。

とはいえ飽きない工夫をされている冊子が多く試行錯誤に感心させていただきました。

地域発 ヒット商品のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

江戸から現代へ、漢字書体「真四角書体」がリリース

アイデアスケッチが江戸時代に生まれた漢字書体をスタイリッシュにリデザインした書体「真四角書体」をリリースします。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

the Future

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 14枚

以前B5サイズ以下の良デザインフライヤーをご紹介しましたが、まだコレクションがあったので残りもご紹介します。

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

PRESS

良デザインのフリーペーパー15選 スタンダード編 入手場所付き

良デザインのフリーペーパーを集めました、今回はデザイン的にはスタンダードなものが多いのと新聞紙風のものやや多めです。

BALMUDA

小さめパンフレットのデザイン 20選

パンフレットの中でもA5サイズぐらいのやや小型目サイズのパンフレットデザインを集めました。

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

THE SHOP

THE SHOP | ハイスタンダードなアイテム達

この年になるとTシャツはここの、靴はここのやつなど自分の中のスタンダードが決まってきます。 自分のセレクト感覚とあまりにも近い感覚のお店を発見して、感動すら覚えたのでご紹介します。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

よなよなエール父の日

父の日のよなよなエール

3日過ぎてしまいましたが父の日にもらったよなよなエールの詰め合わせの包装紙などがかっこよかったのでアップします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト