畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.7.12

良デザインな地域のフリーペーパー、PR誌


最近というわけでもないですが、地域で産地の品物をリデザインした製品のデザインがとても良かったりするのをよく目にしますが、地域活性化の情報誌なんかも良デザインなものがとても多くて感心させられてしまうことがしばしばです。
そんなフリーペーパーを少しご紹介します。

にこり

長崎県のPR紙「にこり」。とても丁寧な文字組と写真のバランスが安心して読めます。

Exploring fukuoka

とても薄い冊子ながらカバーと本文、挟み込みで3 つの判型を使っています。

のんびり

紙はライトスタッフでしょうか、手触りよく厚みがあるわりに軽いです。読み応え抜群。

北のとびら

表紙のデザインが毎回違うようです、この号は蒲原みどりさん。

KOKO

表紙だけでなく中面も撮影・スタイリング、企画と非常に凝ってます、表4の漫画もいい。

愛媛松山

夏目漱石生まれたる街、松山のPR誌だけあって文字数多め。

銀天街で会いましょう

長野陽一さん人物写真がとてもいいです、表情最高。

とさぶし

なんとなく全体的にてんこ盛りな感じです、いい意味で。

びびんこ

「雲のうえ」クウネルの有山達也さんがアートディレクションしています、写真と書き文字のバランスが秀逸。

かまくら

ストレートなタイトル、内容も超充実。

もらってきたのは2、3年前とかのものが多かったのですが、目をちゃんと通したものは少なかったです。表紙のデザインはいいけど中は文字が多いものが多いので読み切れる以前に挫折してしまうことも。

とはいえ飽きない工夫をされている冊子が多く試行錯誤に感心させていただきました。

地域発 ヒット商品のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

100本のスプーン ランチ

100本のスプーン ランチメニュー ディナーメニュー

二子玉川ライズにスープストックトーキョーの100本のスプーンが出来ていました。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

ポスター ロートレック

デザインとスピード 2014年秋編 2/2

デザインとスピード1/2の続きです。今回は仕事の質とデザインという仕事との付き合いについて。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

MONOPURI実験室

MONOPURI実験室

いろいろな素材にさまざまな模様や柄をプリントして新しい価値を生み出す光伸プランニングさんの印刷実験プロジェクト、展示会が楽しかったです。

よなよなエール父の日

父の日のよなよなエール

3日過ぎてしまいましたが父の日にもらったよなよなエールの詰め合わせの包装紙などがかっこよかったのでアップします。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト