畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.7.12

良デザインな地域のフリーペーパー、PR誌


最近というわけでもないですが、地域で産地の品物をリデザインした製品のデザインがとても良かったりするのをよく目にしますが、地域活性化の情報誌なんかも良デザインなものがとても多くて感心させられてしまうことがしばしばです。
そんなフリーペーパーを少しご紹介します。

にこり

長崎県のPR紙「にこり」。とても丁寧な文字組と写真のバランスが安心して読めます。

Exploring fukuoka

とても薄い冊子ながらカバーと本文、挟み込みで3 つの判型を使っています。

のんびり

紙はライトスタッフでしょうか、手触りよく厚みがあるわりに軽いです。読み応え抜群。

北のとびら

表紙のデザインが毎回違うようです、この号は蒲原みどりさん。

KOKO

表紙だけでなく中面も撮影・スタイリング、企画と非常に凝ってます、表4の漫画もいい。

愛媛松山

夏目漱石生まれたる街、松山のPR誌だけあって文字数多め。

銀天街で会いましょう

長野陽一さん人物写真がとてもいいです、表情最高。

とさぶし

なんとなく全体的にてんこ盛りな感じです、いい意味で。

びびんこ

「雲のうえ」クウネルの有山達也さんがアートディレクションしています、写真と書き文字のバランスが秀逸。

かまくら

ストレートなタイトル、内容も超充実。

もらってきたのは2、3年前とかのものが多かったのですが、目をちゃんと通したものは少なかったです。表紙のデザインはいいけど中は文字が多いものが多いので読み切れる以前に挫折してしまうことも。

とはいえ飽きない工夫をされている冊子が多く試行錯誤に感心させていただきました。

地域発 ヒット商品のデザイン


縞模様の歴史

関連記事

春の祭典

展覧会、ダンス等のフライヤー11選

紙モノ集めをしているといいモノが集まりやすいジャンルがやはりあるのですが、いいモノが集まりやすいのが展覧会や公演系です。

PLAYIGO

8/02/CUBE ヒカリエ PLAY IGO

会社の近所にあり、毎日通っていながら全然上に上がった事がなかったヒカリエの8Fに上がってみました。

たづがね角ゴシック

【レポート】FONTPLUS DAYセミナー Vol. 7[欧文フォントの読み方] たづがね角ゴシック

先日いつも良質のセミナーをご提供してくださるFONTPLUS DAY Vol.7に行ってきましたのでレポートです。

marimekko 伊勢丹ポップアップストア

6.7-6.13 We love Japan – The Isetan edition マリメッコのポップアップショップが伊勢丹新宿店にオープン

マリメッコのポップアップショップが新宿伊勢丹にオープンします。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

2色印刷

楽しい2色印刷の世界

前回ご紹介したデザインテキストブックの2Cデザインの紹介が面白かったのでご紹介します。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

カリモク60

良デザインパンフレット 8種 大きさいろいろ

商品パンフレットなどだと特定の種類が定まらず形も大きさもかなりばらばらです、そんなパンフレットを気の向くままに集めたものをそのままご紹介です。

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト