畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2013.10.21

デザインのクリシェとアイデア スランプからの脱出


81

アイデアを出すのが苦手です。いろんなアイデアがポンポン出てくる人を見ると感心します。アプリなんか見ててもよく考えるなーと思うことが多いです。

話変わって以前働いていた仕事場の近くに中華料理屋があって、そこのメニューがなんというかすごいもので、多分一応イラレかなんかで作っているっぽいのだけど、まず使ってる書体の数がとても多い。PCにデフォルトで入っている書体をすべて入れてるんじゃないかと思うぐらいいろんな書体を使っています。しかもその使い方がちぐはぐで思うままに使ってるだけとしか思えない、さらに色も7色は確実使ってますレインボーな感じで。

そのデザインを見てるとくらくらしてくるというか、ほんと素人感丸出しなんだけどなんというか心に引っかかってくるものがある気がします、新人なんかにデザインをやらせるとやっぱりくらくらする事があって、大きすぎたり強すぎたりで大体バランスが悪いのですが、でも自分では作らない色やレイアウトだったりして面白いと思うこともたまにあります。

自分の中でデザインクリシェが出来上がってしまうと短時間である程度の点数が取れるものは作れるけど80点以上がなかなかでない。

80点以上を出すにはやっぱりアイデアの部分が大切で、それにはやっぱり思い込みやこれまでの経験に縛られず新しいものを作るという気概がないといけないのですが、日々の仕事に忙殺されているとそんな事すら忘れてしまいがちです。

以前ある大御所デザイナーとお話させていただく機会があった時、アイデアの源はなんですかとお聞きしたら、毎日の行動全てとおっしゃっていました。毎日同じ道を通るのをやめなさいと言われ行動がルーチン化すると脳が死んでいく事を注意されました。たしかに似たようなルートでも一本入ると景色が全然違います。

突飛もないことだけがアイデアの様な気がするけど、日々感じるいろいろなことをしっかり自分の血肉にしていくことからアイデアが生まれるのかもと考えさせられました。

+81 vol.61: Typography Ideas issue


縞模様の歴史

関連記事

健康音楽 看板

【レビュー】健康音楽 坂本龍一の印象派ラジオ体操

行きたいなーと思いながらもチケット代がややお高めだったので諦めつつあったのですが、何とチケットをいただくという幸運にめぐり合ったので行ってきました。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

TOKYO FAMILY RESTAURANT

かっこいいデザインのショップカード 色付き編 21種類 PINTEREST

過日公開したかっこいいデザインのショップカードの、白地ベースではなく色が感じられるものたちを集めたセレクションです。

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

土屋鞄

ランドセルのデザイン パンフレットと今時のランドセルディレクション事情

今時のランドセルはラグジュアリーな革製品のようです。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

WORLD BREAKFAST ALL DAY

良デザインのパンフレット 20種

ジャンルもテイストも統一感があまりないですが良デザインのパンフレットが溜まったのでご紹介です。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト