畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.6.17

銀座伊東屋リニューアル 竹尾


仕事でクラフト紙が必要になったので急遽銀座伊東屋に行ったらちょうどリニューアルしたばかりでした。
一階にはドリンクスペースがあったりして蔦屋書店の様な滞在型の文房具屋といった感じです。
銀座伊東屋 竹尾

各フロアは以前のようにまっすぐ什器が並べられているわけではなく、アイランド型だったり高さの違いがあったりと変化に富んでいてみていて楽しいです、一方店内は非常に明るく道具を選ぶ事を意識しているのが伺えます。

IMG_4593

嬉しかったのは7Fの「FINE PAPER」竹尾見本帖が出来ていた事です。

フロアに上がると壁に収納された無数の紙がグラデーションで飛び込んできます。

IMG_4598

カウンターの下には色と擬態語で分けられた見本帖があり、具体的に欲しい色の紙がある時は色から、なんとなく柔らかい紙というイメージだけがある時は「フワフワ」の見本帖から選ぶなど紙を選ぶ新しい形があります。

銀座伊東屋

反対側の面には紙のサンプルが壁掛けで展示してありこちらは色と紙の質感をすぐに確認出来て楽しい。

銀座伊東屋 竹尾
紙は500円で使いたい大きさにカットしてくれるようです。
ギャラリーが併設されていて今回は舘知宏さんの「計算するオリガミ」展をしていました。

銀座伊東屋 竹尾
銀座伊東屋 竹尾昨日は時間がなくて慌ただしく過ごしてしまったけど時間があればいくらでもいられる気がしました。

本―TAKEO PAPER SHOW〈2011〉


縞模様の歴史

関連記事

MeMe

MeMe 地図をつくろう infographics

社会人向けに土曜日開講し中垣恒雄さんや鈴木一誌さん、副田高行さんをはじめとする誰もが名前を知っているような一流デザイナーに直に学べるMeMeデザイン学校はかなり魅力的な選択肢です。

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

TOKYO ARTS & CRAFTS MAP

アートを感じるフライヤー、高度な印刷 Arts & Crafts

2009年と大分前ですが東京都美術館でウィリアムモリスが主導した19世紀のデザインムーブメント「ARTS & CRAFTS」の展覧会がありました。

Metro min

かっこいいフリーペーパー 9選 地方型など フリーペーパーの動向

ざくざくっと集めてきましたフリーペーパー9選です。地方で作られているかっこいいやつとかも混ざっています。 後半ではフリーペーパーの発刊を検討している方に耳寄り情報も掲載しています。 グルービジョンズさ

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

コルビュジエさんのつくりたかった美術館

国立西洋美術館 世界遺産認定へ コルビュジエの無限成長美術館 コルビュジエさんのつくりたかった美術館

世界遺産への登録が濃厚となった国立西洋美術館がどのように作られ、コルビュジエが目指していたことが非常によくまとめられている絵本仕立ての書籍、「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」をご紹介します。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 10[秋の書体デザイナー祭]

いつも楽しいセミナーを開催してくださるFONTPLUS DAYが本日10回目です。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト