畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.6.17

銀座伊東屋リニューアル 竹尾


仕事でクラフト紙が必要になったので急遽銀座伊東屋に行ったらちょうどリニューアルしたばかりでした。
一階にはドリンクスペースがあったりして蔦屋書店の様な滞在型の文房具屋といった感じです。
銀座伊東屋 竹尾

各フロアは以前のようにまっすぐ什器が並べられているわけではなく、アイランド型だったり高さの違いがあったりと変化に富んでいてみていて楽しいです、一方店内は非常に明るく道具を選ぶ事を意識しているのが伺えます。

IMG_4593

嬉しかったのは7Fの「FINE PAPER」竹尾見本帖が出来ていた事です。

フロアに上がると壁に収納された無数の紙がグラデーションで飛び込んできます。

IMG_4598

カウンターの下には色と擬態語で分けられた見本帖があり、具体的に欲しい色の紙がある時は色から、なんとなく柔らかい紙というイメージだけがある時は「フワフワ」の見本帖から選ぶなど紙を選ぶ新しい形があります。

銀座伊東屋

反対側の面には紙のサンプルが壁掛けで展示してありこちらは色と紙の質感をすぐに確認出来て楽しい。

銀座伊東屋 竹尾
紙は500円で使いたい大きさにカットしてくれるようです。
ギャラリーが併設されていて今回は舘知宏さんの「計算するオリガミ」展をしていました。

銀座伊東屋 竹尾
銀座伊東屋 竹尾昨日は時間がなくて慌ただしく過ごしてしまったけど時間があればいくらでもいられる気がしました。

本―TAKEO PAPER SHOW〈2011〉


縞模様の歴史

関連記事

東京防災

東京防災 グラフィックデザインのちから

先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

Lee Kyeongsoo

イ・ギョンスによるタイポグラフィ展 迷い鳥たち:文字の練習 PRINT GALLERY

白金の裏通りにひっそりとありながら、上質な展示をしてくださるPRINT GALLERYさんで久しぶりの展示があります。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

DEAN & DELUCA

約1週間COPPERPLATE GOTHICを意識してハントした結果 

広告、雑誌、Webと毎日一度は見かける日本語フォントといえば筑紫丸ゴシックや筑紫明朝ですが、欧文フォントで同じように見かけるフォントといえばCOPPERPLATE GOTHICでしょう、暇だったので先

デザインの梅干

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事

デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

ブランドのそだてかた

ブランドのそだてかた 中川淳 西澤明洋

ディーンアンドデルーカの横川さんとドラフトの宮田さんが載っているので読んでみた本です。 上記以外にもMARKS&WEB、六花亭製菓など6つのブランドの代表がそれぞれのブランドの育て方について語ってい

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

ガラパゴス化する印刷 装丁の力

最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。

やりたいことをやるビジネスモデル

やりたいことをやるビジネスモデル―PASS THE BATONの軌跡 遠山正道

やりたいことはあるけどビジネスの仕方がわからない人は読まなくても大丈夫、ビジネスをしたいけどやりたいことがわからない人に読んで欲しいという一文から始まる本書は、ビジネモデルという言葉が入る書籍タイトル

nike

オリンピックロゴ一般公募について

一応世の中の隅の隅の方ですがデザインを生業として子を養い生活させてもらっているのですが、恥ずかしながら東京オリンピックのロゴが公募されているという事を知りませんでした。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト