畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.5.19

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方


近代建築家の中で最初にメディアを意識しだしたのは自分の思想をエスプリヌーヴォーなどのメディアに落とし込んだ コルビジェだと思うのですが、コルビジェよりさらにメディアの使い方を推し進めAMOというコンサルティング会社までつくり 、メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです。

S,M,L,XLブルースマウとS,M,L,XLというグラフィック本を作り、錯乱のニューヨークでマンハッタンをロマンチックに解体する。プロジェクトやプランはどんなささいな記憶の断片も分厚いファイルに固定され、ファイリングされた情報はただの資料ではなく、資料の痕跡そのものが建築の一端を担っている。

クリシェを好まないとコールハースは言っているようですが、単に新しい物を求めているともまた違う気がします。知的に意識的に本能の赴くままというか、そんな矛盾をはらんだ志向の持ち主という印象です。

本を何冊か読んだだけで語るなどおこがましいのですが、彼の存在そのものが建築であり、逆に彼が建てた建築物の形態からコールハースらしさというものはあまり感じられません。

錯乱のニューヨークコールハースは自分らしさを建築の形態に求めるような建築家ではなく、その時に応じて求められているものを建築の形に落とし込んでいきます。中国国営放送の本社ビルコンペなど、クライアントが今最も求めているものを提示出来るストレートさを出せるところが簡単なようで難しい。中国国営放送本社ビルコンペで最後まで競った伊東豊雄さんのスタンスをみると感じますが伊東さんの場合建築にご自分のアイデンティティを求められているように感じます。コールハースの場合は自分のアイデンティティではなく相手の要求を素直に建築の形態に昇華します。というかそのやり方自体がアイデンティティを現しているのかもしれません。

自分を殺す事はデザイナーでも常に求められるます、ほとんどのクライアントや案件でデザイナーのアイデンティティなんて商品の売上や評価など一番の関心ごとに比べればとても小さな問題です。そこで求められるのは品物がどうやったら一番よく売れるか、企業としての評価が建築でどう上がるのかと言う事に尽きると思います。もちろんクリエイティビティに強い関心を持ってくれるクライアントもいますがやはり少数です。

デザイナーは常にその大多数のクライアントの要求と自分の自我が接する点Xを近づけるために努力し続けますが、その過程そのものを提供して評価されることはありません。

結果だけが重要視されるデザインの世界でデザインに至る軌跡を、高度に見せる事ができたら一つ今自分が理想としているデザイナーのあり方に近づけるのかもしれません。

S M L XL: Second Edition


縞模様の歴史

関連記事

にほんの建築家

デザインの色使いと建築

僕はデザインで色を使うのが苦手です、いやもしかしたら苦手というよりあまり好きじゃないのかもしれません。でもたくさんの色をうまく組み合わせたりする事が出来る人を見ると羨ましくなります。

bauhaus

The Bauhaus バウハウスの美術品32,000点が無料で公開

ハーヴァード大学に寄贈されてきたバウハウス卒業生の作品がオンラインアーカイブとして公開されました。

レム・コールハース 行動主義

【再読】レム・コールハース ドキュメント 行動主義 滝口範子

「ぼくはもう建築には関心がない。建築をやるより人生を楽しめるよう、事務所の組織を考え直したんだ」こんなこと言ってみたい。

アントニ・ガウディとはだれか

アントニ・ガウディとは誰か 磯崎新

7/10発売のブルータスが井上雄彦さんを通したガウディ特集だったのに即発され、久々に磯崎新さんの表題の書籍を読み返しつつ、ガウディと特にサグラダファミリアについて書いてみました。

brige_1

合羽橋 BRIDGE STURDY STYLE

店舗開発で合羽橋に足を運ぶ事が多いのですが、合羽橋って長い割にあまりお茶したりする場所がありません。 そんな合羽橋のオアシスと言っても過言ではないカフェを発見しました。

国立西洋美術館

国立西洋美術館でパブリックビューイング 世界遺産に向けて

イスタンブールで15日から行われる世界遺産登録審議の様子を上野・国立西洋美術館で15日、16日にパブリックビューイングするようです。

lived space

坂倉準三 Lived space 空間を生きた。 神奈川県立近代美術館 鎌倉

神奈川県立近代美術館 鎌倉館が2016年3月末の土地契約満了をもって閉館となるということです、展覧会は1月の末で終わりということで最後の展覧会に行き建築本を入手しました。

安藤忠雄 ポートレイト

安藤忠雄展 -挑戦- 六本木新国立美術館にて

安藤忠雄 挑戦展が六本木新国立美術館で開催中です。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

アイコニックカルタ サンクポワン

サンクポワン 現代建築アイコニックカルタ

Play with Architecture! をコンセプトに建築家が手がけるブランドCinqpoints(サンク・ポワン)が送るアイコニックカルタ。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト