畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.3.30

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。


WIREDといえばテクノロジーとビジネス、ジャーナリズムを中心とした雑誌として確固たる地位を確立し、日本版は小林弘人さんが創刊当時の1994年にMACオペレーションによるDTPをいち早く導入し、デザイナーと編集者の処理能力を飛躍的に増加させることで、お互いの職能の垣根を取り払い現代における編集方法の拡張に先鞭をつけた雑誌としても有名です。

WIRED

これまで雑誌の編集方針はテクノロジーとそれに付随する社会テーマに即したものが多かったのですが今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

今までWIREDってジャーナリズム的な雰囲気が苦手で一度もまともに読んだことなかったのですが、うっすらそれらが軽減されてるかのような印象を受けました。

聞くところによると「FREE」のクリアアンダーソンから、デザイン畑出身のスコットダディッチに編集長が変わったのだとか。

WIRED

そのせいかわからないけどなんとなくかっこよくはあるけど少し読み辛い、写真に載せている普通のページは良いのですが、コート紙にべた塗りのページとか蛍光灯の光を反射したり読み辛さを感じました。

ただ内容はとても良くて若林恵さんのデザイナー心をくすぐる序文もいいし、デザインと社会と関係性を追求するデザイナーを集めて、作品を通じてデザイン社会に及ぼす影響を伝える内容もいい。

WIRED

そもそもWIREDがデザインを取り上げるということ自体が、ビジネスと政治から切り離し語る事が不可能になるであろうデザインの今後について語っているのと同義であって、一デザイナーとしても身を引き締めてデザインと関わっていかなければならないと思いながら、イラストレーターで6400倍にした画面でオブジェクトのラインを見ていたりするのです。

デザイナーはいつになっても仕事のフロントエンドを担い続けていくのでしょうね。

WIRED VOL.15 (GQ JAPAN.2015年4月号増刊)



縞模様の歴史

関連記事

活版印刷

名刺 活版印刷

名刺でやってみたいと思いつつなかなか試す機会がなかったのが活版印刷で、近々の名刺作り案件で使えそうなので紙と刷り見本を取り寄せてみました。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

ANKER USBケーブル

ANKER ケーブル パッケージ&冊子

たまたま買ったANKERのUSBケーブルのパッケージがよく出来ていたのでご紹介。

ATELIER MUJI 明和電機

無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ

アノニマスな物作りがモットーな無印良品の製品と、キャラ立ちまくりの明和電機の製品を比べる展示が有楽町ATELIER MUJIにて本日より開催です。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

花椿

資生堂花椿 季刊誌として復活 4月25日

Web移行してしまったと思われた季刊誌として復活します。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

ブレーン

ブレーン 宣伝会議 脳のメタボリズム

常に最前線の広告制作代理店と仕事している訳でもない一中小企業のデザイナーの自分にとってはどこからその源泉を見つけてくるかはなかなか至難の業です。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

BOOK AND BED TOKYO

BOOK AND BED TOKYO 本を読みながら寝落ち出来るホテル

東京にまた行ってみたいと思える面白い場所が出来ました。

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post