畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.3.24

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事


デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

毎回身近なもの事を題材に取り上げながら、そこに含まれるデザインと人がどうやって関わっているかを中心に考えていきます。

 

デザインの梅干

中でも仕事にすごく結びつく考え方だなと思ったのが第五回の「おさめるデザイン」の回。

書籍に収まっている情報はなにかを考察するコーナーの中で出演者が文庫本を見ながらそれぞれ文庫本が持っているメタデータを挙げていくのですが、紙や書籍の重さ、匂い、値段なんかも情報として処理されるという意見が出てきます。

デザインの梅干デザインをする人間にとってそれらは当たり前なことですが、例えばゴールを書籍の購入に設定した場合、受け取る人にとってそれらの情報が適切になっていて積み上がり、それが購入のハードルを越えた時購買に至るわけで、それをどのぐらい意識出来ているかによって売り上げは確実に変わります。

ただ見た目が美しい本を作るだけではなく本一冊が持つ色々な要素をデザイナーがバランスする事も考えられるわけです。

決められた予算の中で製品を作るだけでなく、予算を拡張させるようなアイデアを出し売価までデザインして盛り込みたいデザイン要素を入れ込み、削るところは予算を削り出来る範囲でのデザインを最大化するような事を意識して出来るかできないかが今後必要とされるデザイナーであり続けられるかに関わって来ると思います。

それらはクライアントのためだけでなく、自分が楽しい仕事をやるためにも確実に関わってきます。

そんな当たり前だけど意識がいかなくなりがちな事に改めて気がつかせてくれた回でした。

デザインの解剖〈1〉ロッテ・キシリトールガム (デザインの解剖 1)


縞模様の歴史

関連記事

Apple 新宿

Apple新宿体験 iPhone 8 au volteの罠

Apple新宿に行って、スタッフさんの優しさに感動したりしてました。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

TOKYO FAMILY RESTAURANT

かっこいいデザインのショップカード 色付き編 21種類 PINTEREST

過日公開したかっこいいデザインのショップカードの、白地ベースではなく色が感じられるものたちを集めたセレクションです。

フランシスハ

B5以下のサイズのデザイン良しフライヤー 15枚

ライフワークで集めているデザイン良しのフライヤー。 A4サイズは以前ご紹介したので今回はB5以下で小さめだけどきらりと光るものをご紹介します。

TODAYs SPECIAL PAPER

新聞紙のようなフリーペーパー、フライヤー 2種類

新聞紙のようなフリーペーパー、フライヤーの紹介とデザインコードについて。

土屋鞄

ランドセルのデザイン パンフレットと今時のランドセルディレクション事情

今時のランドセルはラグジュアリーな革製品のようです。

成功する事を決めた

成功することを決めた 遠山正道

今店舗開発をしています。 ちょっと変わった業態で実現にかなり困難なハードルが山積していて、そんな中店舗のブランディングは並行してどんどん進めなければいけないのですが、なかなかそこに至れない。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト