畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2015.3.24

デザインの梅干 これからのデザイナーの仕事


デザイナーの佐藤卓さんがナビゲーターとなってデザインとはなにかを視聴者と一緒に考えるEテレの番組「デザインの梅干」。

毎回身近なもの事を題材に取り上げながら、そこに含まれるデザインと人がどうやって関わっているかを中心に考えていきます。

 

デザインの梅干

中でも仕事にすごく結びつく考え方だなと思ったのが第五回の「おさめるデザイン」の回。

書籍に収まっている情報はなにかを考察するコーナーの中で出演者が文庫本を見ながらそれぞれ文庫本が持っているメタデータを挙げていくのですが、紙や書籍の重さ、匂い、値段なんかも情報として処理されるという意見が出てきます。

デザインの梅干デザインをする人間にとってそれらは当たり前なことですが、例えばゴールを書籍の購入に設定した場合、受け取る人にとってそれらの情報が適切になっていて積み上がり、それが購入のハードルを越えた時購買に至るわけで、それをどのぐらい意識出来ているかによって売り上げは確実に変わります。

ただ見た目が美しい本を作るだけではなく本一冊が持つ色々な要素をデザイナーがバランスする事も考えられるわけです。

決められた予算の中で製品を作るだけでなく、予算を拡張させるようなアイデアを出し売価までデザインして盛り込みたいデザイン要素を入れ込み、削るところは予算を削り出来る範囲でのデザインを最大化するような事を意識して出来るかできないかが今後必要とされるデザイナーであり続けられるかに関わって来ると思います。

それらはクライアントのためだけでなく、自分が楽しい仕事をやるためにも確実に関わってきます。

そんな当たり前だけど意識がいかなくなりがちな事に改めて気がつかせてくれた回でした。

デザインの解剖〈1〉ロッテ・キシリトールガム (デザインの解剖 1)


縞模様の歴史

関連記事

Peeji名刺

ロゴを作りました、ついでに名刺も。

たいしたトピックじゃないのですが、ちょっと前からロゴを変えてみました。

MUJI BOOKS

リニューアル無印良品有楽町 小売のこれから

リニューアルしたからではなくたまたま化粧水がなくなってしまいどうしても買いたかったので、仕事の関係で閉店ギリギリになってしまったのですがちょこっとだけ覗いてきました

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

テキスト至上主義社会

テキスト至上主義社会とフォントの役割

何かを伝える際に文字を介す事が増えたという事はおそらく日本人の国語力は史上最高になっているはず

SLOW HOUSE

パンフレットデザイン9種 二子玉川 山梨 他

パンフレットを少し集めました、今回は旅行で行った山梨から富士山関係で少しと二子玉川近辺、他で少しです。

Sigriour Nielsdottir

The Basement Tapes of Sigriour Nielsdottir – シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ

シグリドゥル・ニールスドゥッティルはアイスランドの音楽家です。

デザインあ

「デザインあ」の書体 ヒラギノUD

「デザインあ」というEテレの番組があって、昨年はデザインサイトで展覧会をやったりするぐらい人気なのですが、番組内で使われている書体がとても見やすいので気になって調べてみました。

ramsophone

機能主義家電デザインの始祖 ディーター・ラムスに影響を受けたWebシンセ

ドイツ人のプロダクトデザイナー、ディーター・ラムスに影響を受けて造られたWebシンセがこちらの「Ramsophone」です。

SEASON & GREETINGS

ポストカードのデザイン 16種 タイポグラフィ、写真、イラスト

ちょっとだけポストカードがたまったのでご紹介です。

macintosh SE

デザインとスピード 2014年秋編 1/2

時代を経てデザイナーの役割は変わってきたと思います。僕は特に紙媒体をメインに扱う仕事が多いのですが、ここ30年、20年、10年とデザイナーに求められる仕事の種類がどんどん増えてきた気がします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト