ブランド、ロゴ、店舗、本、UIUXをデザインするアートディレクター。 文字を使ったデザイン得意です。デザインに関連するあれこれをお知らせします。

2013.10.9

ガラパゴス化する印刷 装丁の力


peter



最近デザインを志望している人に会うと本の装丁がやってみたいという人によく会います。最近は自分で製本して本を作るのがちょっとブームのような感じになっていてワークショップもよく見かけます。本の装丁は導入を作り中へ導いて本の世界へ誘う、そこにはレイアウトだけでなく紙の質感や厚さ、色など様々な事が絡んできて単純な紙媒体デザインより複合的なもの作りを求められます。

装丁の良し悪しはどこで決まるのか、雑誌なんかで本が紹介されていてカバーがかっこいいとしてもそれで装丁がいいとはなりません。やっぱり手に持ったりページを捲ったりした時に感じる体験が装丁の良し悪しの判断に関わってきます。紙の質感や厚さ、中でも近年日々進化を遂げているなと思うのが特殊印刷をはじめとする印刷です。

しかし、日本ほど装丁というか本の印刷にこだわる民族って少ないのではないでしょうか、当然本作りの歴史が古いヨーロッパなどでは凝った作りの上製本などもありますが、一般的に売られている本でそんなに凝った印刷の本を見かけることは少ない気がします。アメリカのペーパーバックなんて紙も適当だし完全に読み捨てをイメージしてます。本だけでなく雑誌なんかも印刷とか製本が適当な作りの本が多いし、日本だとよく見かけるUV厚盛りや型抜きなどの特殊印刷を施されている雑誌はあまり見たことありません(青山ブックセンターでの体感です)。

荒木飛呂彦さんの「岸辺露伴ルーブルへ行く」を見た時思ったのですが、フランス語版は普通に印刷された上製本だったのに対して、日本語版は特殊印刷と特色を使いまくったやたらと凝った作りの本になっていました。

日本の漫画家だからっていうのもあるんでしょうが根本的な民族の資質が出ているような気がします。

携帯の進化でガラパゴス化なんて言われることがありますが、原案からの発展性という事に関しては最も優れた民族であろう日本人が本の印刷の分野に関しても独自の発展を遂げたというところでしょうか。

しかし、印刷が凝ったものが必ずしもいいとは限らないということもあって、先に挙げた「岸辺露伴ルーブルへ行く」の場合はオブジェとしてはいいし記念本みたいな意味合いもあるのでこれでいいのかもしれませんが、装飾過剰に感じる本が増えてきたのも事実な気がします。本そのものの目的、中身を読んで見て楽しむを一番の目的として考えた場合そこまでの装飾が必要なのと疑問に思わなくもないです。特殊印刷でごってリと盛られた印刷物ってパッと手にとった時はすごく面白く感じるのですがすぐ飽きてしまいます、やっぱり程よく凝っていて本質を見失わないものが優れた装丁といえるでしょう。

2013年度ADC賞[原弘賞]建築を考える

 

 


縞模様の歴史

関連記事

DRAFT 宮田識 仕事の流儀

DRAFT 宮田識 仕事の流儀 やっぱりKindleより本なのか

DRAFT 宮田識さんの仕事に対する考え方が詰まっています、装丁も素晴らしいです。

MOTHERのことば

MOTHERのことば。 ほぼ日

MOTHERのことば。自分と同じ世代の方はぐっとくるものがあります。

小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

出版社を作るということから、仕事のやり方について考えます。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

まな板文化論

【ジャケ買いシリーズ】まな板文化論 前野洋一と勘亭流

書籍のジャケ買いシリーズ第一弾です。

かたち

KATACHI 日本のかたち

日本文化とは変形の文化、文字も建築も書も元々大陸から入ってきた文化であり日本人はそれを独自の形に洗練させ日本の文化を作り上げてきました。今となっては日本の文化を代表するような茶も書も元々は大陸からやっ

LOGO MODERNISM

Logo Modernism

モダニズムを感じさせる6000ものロゴを集めた本がタッシェンから出るそうです。

桂離宮

写真と建築と装丁 桂離宮 石元泰博

建築写真の写真集は建築物の姿を忠実に伝えようとしているものと、建物に忠実というよりは写真を撮ることでその建築が持っている潜在性を最大限に浮かび上がらせるものがあると思いますが、この写真集に関して言えば

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

boenkyo3

旅するエンサイクロペディア 望遠郷 装丁の参考書

海外旅行ガイドブックはたくさんありますが、中でも有名なのは地球の歩き方や個人旅行などでしょうか。他にもムック本や小型のarucoやコトリップなど特に女性をターゲットにした本がたくさんでています。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト