畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2013.5.17

こんな雑誌を待っていた文字マニアのためのTYPOGRAPHY


TYPOGRAPHY

デザイン関連の書籍が増えた気がします、いやもともといっぱいあったのですが作品集とかアイデア本とかレイアウトルールとか詰まった時に索くような本が多かったのですが、ここ最近は特に印刷関連と文字関係の本が増えたような。

ちょっとセンスがあればパソコン使ってそれなりなものが作れてしまうので、デザイナーじゃない人が文字や印刷に関わる機会が増えたからでしょう。

文字好きな自分としては小林章さんとかの文字解説など読む機会が増えて嬉しい限りですが、この空前のタイポブームを決定づけたのがtypographyというそのものずばりなタイトルの雑誌が発売されてからな気がしているこの頃です。

雑誌と呼ぶには決して安くない2000円という値段設定にもかかわらず青山ブックセンターのデザイン書籍売上部門で一位になりvol.2も変わらず売れているようです。

内容もvol.1のフォントを作ろうやvol.2のロゴを作ろうなど文字にちょっと興味が出てきた人にも安心かつプロの探究心も満足させていただける内容となっておりどんな方でも満足していただけると請け合いです。

さらに初回版は活版活字のタイポグラフィが施されたマスキングテープやマグネットなどかっこいい文字が書いてあ

るものならDMでもなんでもとっておいてしまう人にはたまらないおまけ付。

これは一家に一冊置いておきたいですね。

TYPOGRAPHY04 手書き文字の魅力


縞模様の歴史

関連記事

江戸から現代へ、漢字書体「真四角書体」がリリース

アイデアスケッチが江戸時代に生まれた漢字書体をスタイリッシュにリデザインした書体「真四角書体」をリリースします。

にじみフォント比較

大日本印刷 にじみフォントと筑紫明朝

font,fontplus,大日本印刷,にじみフォント,藤田重信

モリサワ

モリサワ新書体発表

日本を代表するフォントメーカーモリサワがA1ゴシックを含む17書体を今秋リリース予定です。

フォントワークス

フォントワークスとMonotype社が業務提携 CIとCPサイトをリニューアル

フォントワークスとMonotype社が業務提携を行いました。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

絶対フォント感を身につける

絶対フォント感を身につける 第三弾

MdNさん人気企画「絶対フォント感を身につける」の第三弾です!

detail in typography

ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリが書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版が登場。

typografia

typografia チェコの文字と印刷の雑誌

古書市で見つけた文字と印刷の雑誌です。 1980年だから35年ぐらい前の雑誌ですが雰囲気はもっと古い雑誌のように見えます。

源ノ明朝

Source Han Serif 源ノ明朝 7ウェイトを伴ってリリース

AdobeとGoogleの共同開発した源ノ明朝をヒラギノ明朝と比較してみました。

文字詰め

欧文文字詰め 超入門編 ツメツメとアキアキ

デザイン=文字を組むというのが仕事の9割を占めています、文字詰めもただ詰めれば良いのではなく使いたい場所にあった文字詰めをしなければいけません、自分がデザインをする時どのようなプロセスで文字詰めをして

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト