畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.28

Neue Grafik 復刻 


スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、そのグリッドシステム初期を代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。
後者のNeue Grafikはドイツ語とフランス語、たまに英語と複数の言語が公用語として混在するスイスならではのシステムで情報を均等かつダイナミックに扱い、最小限のレイアウトで最大の効果を発揮する美しい雑誌です。
ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィークそんなレイアウト雑誌の古典とも言える雑誌のうちの一つNeue Grafikがなんと復刻しました。
ずいぶん前にこの雑誌の事を知ってからいつか本物を見てみたいなと思っていましたが、古書店でも目にする事はなく売っていたとしても一冊3万円以上するらしいのでとても手に入れられないと思っていましたが、これまで刊行した18冊がまとめて3万円ぐらいで手に入るという事でこれはもう買うしかないのではと思っています。

Neue Grafik: 1958 – 1965


縞模様の歴史

関連記事

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

アンティークショップ ショップカード

東京蚤の市で見つけたアンティークショップのショップカード

東京蚤の市で集めた、独特のセンスで作られているショップカードを集めました。

hermann zapf

青山ブックセンター TypeTalks 第33回「映像・写真で振り返るヘルマン・ツァップさん」

青山ブックセンターのTypeTalks、第33回はヘルマン・ツァップさんについて小塚正彦さんと小林章さんが語るそうです。

miyake jun

三宅純 BLUE NOTE

パリ在住でピナ・バウシュ、ヴィムヴェンダーストの共作で知られ、リオオリンピック閉会式での君が代のアレンジをしたことで知られる三宅純がBLUE NOTEで来日公演するらしいです。

stand九州

三越伊勢丹 ビームスのstand九州活版印刷「NINE LETTERPRESS

三越伊勢丹とビームス(BEAMS)が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト「STAND九州」が、3月29日よりスタートします。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

渡邉良重 AUDREY

KIGI 渡邉良重 亀倉雄策賞受賞 銀座クリエイションギャラリーG8で個展開催

その年の最も優れたグラフィックデザインに送られる亀倉雄策賞にKIGIの渡邉良重が手がけたAUDREYの洋菓子パッケージに決定しました。

marimekko 伊勢丹ポップアップストア

6.7-6.13 We love Japan – The Isetan edition マリメッコのポップアップショップが伊勢丹新宿店にオープン

マリメッコのポップアップショップが新宿伊勢丹にオープンします。

IDEE JOURNAL

フリーペーパーのデザイン23種 新聞紙風・カラフル

フリーペーパーが結構集まったのでご紹介です。今回は初夏を感じさせる爽やかでカラフルなものと、新聞紙風の縦型手触り系の質の高いものが集まりました。

CITERA

CITERA 街+大地

久々に心惹かれるファッションブランドを発見してそれがCITERAです。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト