畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.28

Neue Grafik 復刻 


スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、そのグリッドシステム初期を代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。
後者のNeue Grafikはドイツ語とフランス語、たまに英語と複数の言語が公用語として混在するスイスならではのシステムで情報を均等かつダイナミックに扱い、最小限のレイアウトで最大の効果を発揮する美しい雑誌です。
ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィークそんなレイアウト雑誌の古典とも言える雑誌のうちの一つNeue Grafikがなんと復刻しました。
ずいぶん前にこの雑誌の事を知ってからいつか本物を見てみたいなと思っていましたが、古書店でも目にする事はなく売っていたとしても一冊3万円以上するらしいのでとても手に入れられないと思っていましたが、これまで刊行した18冊がまとめて3万円ぐらいで手に入るという事でこれはもう買うしかないのではと思っています。

Neue Grafik: 1958 – 1965


縞模様の歴史

関連記事

柳原良平

Orange! 株式会社サン・アド創立50周年記念展覧会

サン・アドが創立50周年だそうで、ギャラリー916にて記念展覧会が9月6日まで開催中です。

プリントギャラリー

【レビュー】プリントギャラリー ベルント・クーヘンハイザー

先日ご紹介したプリントギャラリーさんでのベルント・クーヘンハイザー展に行ってきました。

装幀のなかの絵

装幀のなかの絵 有山達也

クウネルをはじめ様々なデザインを手がけているグラフィックデザイナー、有山達也さんのデザイン観が書かれている本書。

fontplus 資料

【レビュー】Fontplus 藤田重信さんのフォントの作り方

フォントワークスのフォントデザイナー藤田重信さんが登壇されるという事でこれは行かねばと思いソフトバンクテクノロジーが開催するセミナー、Fontplusに行ってきました。

東京銀座資生堂ビル・プラザショップ

仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐

やんちゃしてます、gggで行われる仲條正義さんの展覧会、 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐。なんとなく時計仕掛けのオレンジを思わせるタイトル。

WASARA

WASARA 紙の食器たち

紙の食器というと安っぽくパーティなどの取り皿で仕方なく使うというイメージがありますが、WASARAの紙皿とバンブーのカトラリーたちは、陶器とも違うやわらかい曲線と手触りをもつ新しい食器の世界を打ち出し

BIRD ECHO

パンフレットのデザイン 4種

パンフレットを多々見ていると商品そのものも美しくてパンフレットもかっこいいものと、商品はうーんだけどパンフレットはいいねみたいなものもあります。

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

ゴミの日

ゴミの日のアレをシンプルにデザインしてみました

最近引っ越しをしまして以前よりも少しだけ広いお家に満足しているのですが、引っ越し先でもらったゴミの日の紙が家で貼るにはあまりにもこてこてしていたので、自分のお部屋に合うようカスタマイズしてみました。

ウニッコ

マリメッコ展 Bunkamura

知ってるようで意外と知らないマリメッコ展が12月17日からBunkamuraにてスタートします。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト