畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.28

Neue Grafik 復刻 


スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、そのグリッドシステム初期を代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。
後者のNeue Grafikはドイツ語とフランス語、たまに英語と複数の言語が公用語として混在するスイスならではのシステムで情報を均等かつダイナミックに扱い、最小限のレイアウトで最大の効果を発揮する美しい雑誌です。
ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィークそんなレイアウト雑誌の古典とも言える雑誌のうちの一つNeue Grafikがなんと復刻しました。
ずいぶん前にこの雑誌の事を知ってからいつか本物を見てみたいなと思っていましたが、古書店でも目にする事はなく売っていたとしても一冊3万円以上するらしいのでとても手に入れられないと思っていましたが、これまで刊行した18冊がまとめて3万円ぐらいで手に入るという事でこれはもう買うしかないのではと思っています。

Neue Grafik: 1958 – 1965


縞模様の歴史

関連記事

mercari

良デザインフリーペーパー17種 メルカリなど

メルカリのフリーペーパーもあります。

バタフライスツール60周年

柳宗理 バタフライスツール 誕生60周年記念、企画展が開催

「BUTTERFLY STOOL 60th」が6月6日から金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所で開催されます。

TOMATO gallery X

【レビュー】THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

Tomatoの結成25周年を記念した、レトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」に行って

囚人

ボーダー柄とはなにか「縞模様の歴史」

よくデザインで使われる模様でボーダー柄があります。 デザインのモチーフにボーダーを使おうと思った時に、ボーダー柄自体に何か意味があるのかなと思い調べてみました。参考にしたのは「縞模様の歴史 ミシェル

薔薇刑

ggg 2016ADC展

銀座グラフィックギャラリーに2016ADC展を見に行ってきました。

ガラスの家

ワタリウム美術館 リナ・ボ・バルディ展のアートディレクションで感じたデザインのあえてのヘタウマ

久々の休日にブラジル人建築家、リナ・ボ・バルディ展に行きそこで感じた新しいグラフィックの潮流。

田中一光 nihon buyo

2020東京オリンピックエンブレム決定

2020東京オリンピックのエンブレムが発表され、評判悪いそうですが個人的には結構好きです。

とらや パリ35周年祭

欲しい欲求が振り切れる 虎屋 パリ進出35周年祭 ほしよりこ

「欲しいものが欲しいわ」と言ったのは糸井重里ですが、わりといつも欲しいものが欲しい自分がいます。

WORLD BREAKFAST ALL DAY

良デザインのパンフレット 20種

ジャンルもテイストも統一感があまりないですが良デザインのパンフレットが溜まったのでご紹介です。

her

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト