畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.28

Neue Grafik 復刻 


スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、そのグリッドシステム初期を代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。
後者のNeue Grafikはドイツ語とフランス語、たまに英語と複数の言語が公用語として混在するスイスならではのシステムで情報を均等かつダイナミックに扱い、最小限のレイアウトで最大の効果を発揮する美しい雑誌です。
ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィークそんなレイアウト雑誌の古典とも言える雑誌のうちの一つNeue Grafikがなんと復刻しました。
ずいぶん前にこの雑誌の事を知ってからいつか本物を見てみたいなと思っていましたが、古書店でも目にする事はなく売っていたとしても一冊3万円以上するらしいのでとても手に入れられないと思っていましたが、これまで刊行した18冊がまとめて3万円ぐらいで手に入るという事でこれはもう買うしかないのではと思っています。

Neue Grafik: 1958 – 1965


縞模様の歴史

関連記事

MeMe

MeMe 地図をつくろう infographics

社会人向けに土曜日開講し中垣恒雄さんや鈴木一誌さん、副田高行さんをはじめとする誰もが名前を知っているような一流デザイナーに直に学べるMeMeデザイン学校はかなり魅力的な選択肢です。

IDEE JOURNAL

フリーペーパーのデザイン23種 新聞紙風・カラフル

フリーペーパーが結構集まったのでご紹介です。今回は初夏を感じさせる爽やかでカラフルなものと、新聞紙風の縦型手触り系の質の高いものが集まりました。

Pring Gallery

ブラック ホワイト タイプ シングス ベルント・クーヘンバイザー コンテンツに文化的な付加価値を与える媒介者

白金にあるプリントギャラリーでクーヘンバイザーの展覧会が11月15日(日)まで開催中です。

デザインと大きさの関係性とプレゼン力

最近写真展覧会の空間デザインや設置などに関わっていました。 参考も兼ねて六本木でやっていたグルスキーの写真作品を見たり、展示に関わったりしていて今までより強く感じたのですが、物を見る時に大きさと

シャネルネクサスホール

今週末まで 『東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館』 シャネル・ネクサス・ホール

銀座シャネルのネクサスホールにてアラーキーこと荒木経惟の写真展が今週末23日まで開催中です。

PLAY HOKUSO

フリーペーパーのデザイン 21種 2017春 季節のビジュアライゼーション

春っぽいフリーペーパー勢ぞろいです。

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうにみえるのか

本書では町でよく見かけるブランドやショップなどで、だれでも一度は目にした事のあるロゴタイプに使われているスタンダードなフォントを入り口に中心にしてフォントの使い方を解説してくれます。

はじめての編集

はじめての編集 菅付雅信 

編集とはなにか定義するだけではなく編集という仕事を広義にとらえ、本や雑誌を作るだけではなく全ての仕事は編集されることによって作られているということを、非常に分かり易く解説してくれています。

TYPOGRAPHY

デザイナーが読むべきデザイン書5冊 文字編

非デザイナーからベテランの方でも参考になりそうな文字関連書籍を5冊ピックアップしてみました。

SCENE

新聞紙のようなフリーペーパー、パンフレット、フライヤー 六本木編 7種類

なかなかアイデア系のまとまった収集ができなくて、さらにジャンルが限定されているのでどうしても小刻みになりがちな新聞紙のような系6種類です。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト