畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.28

Neue Grafik 復刻 


スイスで生まれたレイアウトシステムのグリッドシステム、そのグリッドシステム初期を代表する雑誌がバーゼルで生まれたTMとチューリヒのNeue Grafik(ノイエ・グラフィーク)。
後者のNeue Grafikはドイツ語とフランス語、たまに英語と複数の言語が公用語として混在するスイスならではのシステムで情報を均等かつダイナミックに扱い、最小限のレイアウトで最大の効果を発揮する美しい雑誌です。
ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィーク ノイエ・グラフィークそんなレイアウト雑誌の古典とも言える雑誌のうちの一つNeue Grafikがなんと復刻しました。
ずいぶん前にこの雑誌の事を知ってからいつか本物を見てみたいなと思っていましたが、古書店でも目にする事はなく売っていたとしても一冊3万円以上するらしいのでとても手に入れられないと思っていましたが、これまで刊行した18冊がまとめて3万円ぐらいで手に入るという事でこれはもう買うしかないのではと思っています。

Neue Grafik: 1958 – 1965


縞模様の歴史

関連記事

のんびり

良デザインな地域のフリーペーパー、PR誌

地域活性化の情報誌なんかも良デザインなものがとても多くて感心させられてしまうことがしばしばです。 そんなフリーペーパーを少しご紹介します。

NIKE AIR MAX PINNACLE

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ

ティンカー・ハットフィールドに影響を受けてAIR MAX1を買ってしまいました。

VISION

新聞紙のようなフリーペーパー フライヤー 5種類

ブログで画像を公開するため最初はiphone、途中からデジタル一眼レフを使っていたのですが、利便性、pinterestでの見え方の統一感を考えるとやはりiphoneの方がいいなと思い再度iphoneへ

myway

新発売されるラジカセに見る プロセス重視型社会

21世紀だからこそラジカセを作るクラウドファンディングがスタートしました。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

Adobe Max

【レビュー】Adobe Max 2016 in ビッグサイト

昨日は様々なジャンルで活躍するクリエーターの講演が無料で(一部有料)楽しめるAdobe Maxに行ってきました。

graphis

graphis スイスの美しいグラフィック雑誌

書店に行くとつい眺めているだけで幸せになれそうな雑誌を手に取り買ってしまうことがあります。

よなよなエール

新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー 7種類

久々に新聞紙の様なフリーペーパー、フライヤー関係をまとめました。なかなか素材が揃わないです。今回も一言コメントつけました。

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

yes

Tシャツを作ろう、作ってみた Zazzle

夏と言えばもっとも使用頻度の高くなる服の一つがTシャツです。 最近会社に着ていく事はあまりなくなりましたが、それでも相変わらず休みの日はTシャツだし、通勤自転車の日は着くと汗だくになるのでとりあえず

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト