畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.11

ブランドをデザインする! 西澤 明洋


COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

ブランドをデザインする!

主に5つの例が載っていますがそのうち3つが元々ブランディングを依頼されたわけではなく、最初にパッケージの依頼があるなかでブランディングを提案する事で企業の意思を変えさせ、良い結果をもたらしています。この事からブランディングが必要ではあると潜在的な認識はあるものの、実際に行動に移せない企業がかなり多い事がわかります。

また、エイトブランディングではブランディングのフェイズをR(リサーチ)P(プラン)C(コンセプト)D(デザイン)という4つのフェイズで分けブランド作りの工程を段階的に勧めています。

ブランドをデザインする!

それぞれのフェイズは差別化などブランディングの方向性を決めていくため存在していますが、一番興味深く読んだのはリサーチの中の「コード」という考え方。

ブランドをデザインする!

「コード」とは例えばビール業界であればビールらしく見えるパッケージのコードがありますが、差別化するためにコードから外れ過ぎると、その商品がビールだと認識してもらえず、逆にコードの真ん中だと当たり前すぎて差別化ができない、そのコードからぎりぎり外れず、けど他社との差別化が出来ている状態を目指す事がブランディングを考えるとき一番重要だという事です。

ブランディングの際差別化ばかりを検討してしまいがちですが、対象業界のコードは強く意識する必要があるなと改めて考えさせられました。

 

ブランドをデザインする!


縞模様の歴史

関連記事

東京防災

東京防災 グラフィックデザインのちから

先日我が家に初めてみる黄色い箱が届きました。「東京防災」と書かれた箱に入ったマニュアルとマップは災害時にどう身を守ったら良いかを非常に簡潔にかつ美しくまとめてありました。

NIKE AIR MAX PINNACLE

NIKELab AIR MAX1 Pinnacle衝動買い ティンカー・ハットフィールドの影響受けまくり UXの素晴らしさ

ティンカー・ハットフィールドに影響を受けてAIR MAX1を買ってしまいました。

春の祭典

展覧会、ダンス等のフライヤー11選

紙モノ集めをしているといいモノが集まりやすいジャンルがやはりあるのですが、いいモノが集まりやすいのが展覧会や公演系です。

素敵なマッチの世界 15種類

喫煙家だったころマッチを集めるのが好きで、でもかっこよかったり、かわいかったり、ユーモラスなものだったりだけを集めていました。

日本デザインコミッティーメンバー

松屋デザインギャラリー 1953企画展 読んで欲しいデザインの本

銀座松屋にこんなデザインギャラリーがあったなんて知りませんでした。

仲條正義

ギャラリーハシゴ ggg、G8、シャネルネクサスホール

ギャラリーハシゴしてきました ggg、G8、シャネルネクサスホール

色落ちしたジーンズ

人はなぜジーンズを履くのか 実はとても履きづらいジーンズ

最近とても気になっている事がありまして、それはなぜ人は休日になるとジーンズを履くのかということです。

NO LONGER HUMAN 2

NOLONGER HUMAN NAKAJIMA NOBUYUKI

作曲家でピアニストの中島ノブユキさんのインタビューをまとめたフリーペーパー「NO LONGER HUMAN」のVol.1 2を手に入れたのでご紹介。

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

PLAYTYPE

PLAYTYPE at BOOK AND SONS

PLAYTYPEの商品が学芸大学のBOOK AND SONSにて販売開始されました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト