畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2014.11.11

ブランドをデザインする! 西澤 明洋


COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

ブランドをデザインする!

主に5つの例が載っていますがそのうち3つが元々ブランディングを依頼されたわけではなく、最初にパッケージの依頼があるなかでブランディングを提案する事で企業の意思を変えさせ、良い結果をもたらしています。この事からブランディングが必要ではあると潜在的な認識はあるものの、実際に行動に移せない企業がかなり多い事がわかります。

また、エイトブランディングではブランディングのフェイズをR(リサーチ)P(プラン)C(コンセプト)D(デザイン)という4つのフェイズで分けブランド作りの工程を段階的に勧めています。

ブランドをデザインする!

それぞれのフェイズは差別化などブランディングの方向性を決めていくため存在していますが、一番興味深く読んだのはリサーチの中の「コード」という考え方。

ブランドをデザインする!

「コード」とは例えばビール業界であればビールらしく見えるパッケージのコードがありますが、差別化するためにコードから外れ過ぎると、その商品がビールだと認識してもらえず、逆にコードの真ん中だと当たり前すぎて差別化ができない、そのコードからぎりぎり外れず、けど他社との差別化が出来ている状態を目指す事がブランディングを考えるとき一番重要だという事です。

ブランディングの際差別化ばかりを検討してしまいがちですが、対象業界のコードは強く意識する必要があるなと改めて考えさせられました。

 

ブランドをデザインする!


縞模様の歴史

関連記事

白い表紙の本が増えている気がする、なんで?

近頃書店に行くとやたらと白い表紙を見かけます。以前はデザイン本でよく見た気がしますがデザイン本に限らず経済、一般書など至るところでよく見ます。

フランシス・ハ

フランシス・ハ かっこいいフライヤー

いつものようにナイスフライヤー収集をしていると青山ABCのフライヤーラックに埋もれてこのフライヤーがありました。

Lost_Memory_Theatre

Lost Memory Theatre act1-2三宅純

デザインサイトイメージメーカー展でジャンて・ポール・グードと共に作品を出展している三宅純さんのアルバム、Lost Memory Theatre act2が発売されました。

citron case

白いiphoneケースにつや消しスプレーを吹いたらシュガーコーティングケースに

iphoneケースが壊れてしまい新しいケースを探していたのですがなかなか見つからず、ふとした時に見つけたデコベース用と書かれたシンプルな白ケースを買ってみました。

ブランド作りの教科書

小さな会社を強くする ブランド作りの教科書 岩崎邦彦

印刷会社のリブランディングに携わっています。低価格競争の激化する中、印刷会社に求められる事や印刷会社の価値とは、と考えていた時たまたま目にした本です。

Lune de Noel

かっこいいフライヤー 21選 渋谷・青山 デザインの勉強

ふと気がつくとフライヤーが大量にたまっていたのでご紹介です、渋谷・青山近辺は相変わらず豊作です。一言コメントノックは勉強になりますね。

HOKUSAI

展覧会のフライヤーデザイン 30種 タイポグラフィとビジュアル

展覧会のフライヤーデザインを30種集めてみました。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

TOMATO

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

3月12日から4月3日までパルコミュージアムとギャラリーXでデザイン集団TOMATOの結成25週年回顧展が開催されます。

S,M,L,XL

Rem Koolhaas メディアと情報の使い方

メディアという特定のフォーマットというよりは情報そのものの収集と活用を建築というコンテキストに落とし込んだのがレムコールハースです

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト