畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2017.5.14

メゾンエルメス ポー川のひかり エルマンノ・オルミ

エルメス ル・ステュディオの6月の作品は「ポー川のひかり」です。

2016.8.16

【レビュー】シン・ゴジラ リアリティじゃない

遅ればせながらシン・ゴジラを観てきました。

2016.1.17

【レビュー】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

自分の少ない映画体験の中で何度かこれまでの映画と根本的な何かが違うと感じさせてくれる映画がありました。最初は16歳の時に映画館で見たパルプフィクション、2回目はヴェニスに死す、3回目にして最も衝撃的だったのはフェリーニの8 1/2、そして4回目が今回のバードマンでした。

2015.10.11

銀座メゾンエルメス Le Studio |ブラジリアとチャンディーガル

エルメスのとても居心地のいいミュージアムとミニシアター。

2015.6.21

【映画レビュー】JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ ウィリアム・クラクストン 

ウエストコーストジャズのレコードで多くのビジュアルメイキングに携わったウィリアム・クラクストンのドキュメンタリー。

2015.2.28

her Spike Jonze Geoff Mcfetridge 色々な色

amazonで買い物をした際レンタルクーポンがついてきたので、前から気になっていたスパイクジョーンズのherをレンタルしてみました。

2014.8.8

フランシス・ハ かっこいいフライヤー

いつものようにナイスフライヤー収集をしていると青山ABCのフライヤーラックに埋もれてこのフライヤーがありました。

2014.7.7

ジャック・タチ プレイタイム ミッドセンチュリーデザインの宝箱

イメージフォーラムでのジャック・タチ映画祭で、総制作費1093億円とも言われているジャックタチ史上最大作プレイタイムを上映していたのでいい機会なので観てきました。

2014.7.1

草の上の朝食 ルノワール 映画と時系列

ルノワールの映画は記憶にあるかぎり初めて観たのですが、人に聞いた話と時代的にちょい前衛的な難解な内容を予想していたんですが、完全明快な風刺喜劇で普通に楽しめました。

2014.6.12

デレク・ジャーマン エンターテインメントなヴィトゲンシュタイン

20世紀最大の哲学者ヴィトゲンシュタインを舞台のような最小限のビジュアル表現で描き、ヴィトゲンシュタインとその家族の人生を時に滑稽に見えるエンターテイメントに帰結させた映画です。

関連記事

Recent Book Design Post

Recent Typography Post

Favorite Tool

Recent Typography Post

Follow design_peeji's board Free paper, flyer like a news paper 新聞紙のようなデザインのフリーペーパー・フライヤー on Pinterest.