畑を耕すようにデザインの事を考えるデザイナーのためのマガジンPeeji(ペエジ)。

2021.2.27

アートとビジネスの関係は二つある ロジカルからデザイン、アート思考へ?

アートとビジネスは古くから深い関係がありました。

2020.10.12

Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展

主張することばかり考えてました。アノニマスの精神で。

2020.6.14

2020.2.27

ダサいとはなにか ダサいを科学する

ダサいを科学するとダサいと言われないためにはとてつもない努力が必要だという事がわかってきました。

2020.2.4

インターフェイスデザインの心理学 これ一冊あればもう他いらないです

インターフェイスデザインはこの一冊でいけます。

2019.12.11

茶室とインテリア 時代は変わる

内田繁さんのこの本を読んだのは10年以上前だったと思います。その時は友人に借りて読みましたが久しぶりに読みたくなって今度はアマゾンで注文しました。 茶室とインテリアというタイトルですが、日本人が伝統的に持っている身体感覚や文化的背景から、日本人にとってなにが心地よいと感じるのかを考察し、インテリアを

2019.11.12

2019.10.21

noteはじめました

noteはじめました。

2019.10.17

映画術 エンジニアと非エンジニアの世界

世の中にはエンジニアと非エンジニアがいます。

2019.10.6

面白くならない企画は一つもない 煮詰まりを解消してくれる薬

広告クリエイティブの処方箋はクリエイティブ全般に効果があるようです。

関連記事

柳宗悦

柳 宗悦 無印良品とユニクロと用と美

ユニクロと無印良品、その他大量生産品をなんで自分が買ってしまうのかがちょっと分かりました。

ジョナサン・アイブを知るための5冊

Appleの最重要人物の一人が去りました。

ブランドをデザインする!

ブランドをデザインする! 西澤 明洋

COEDOビールのブランディングなどで知られるエイトブランディングの西澤さんがこれまでに手がけたブランドの、ブランディングを成功させるまでの経緯と経営者の方へのインタビューが掲載されています。

ローソンのPBパッケージはなぜ受け入れられていないように感じるのか

ローソンPBパッケージを考える

TooLs

100 Tools 自分の道具 編集の仕事

本屋さんをブラブラしているとグルビさんの100の道具のような本が売っていました、思えば「TooLs」から始まったのか100の○○的な本をよく見る気がします。

FONTPLUS DAY

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 4[グラフィックデザインから見るWebデザイン]

前回、前々回と藤田重信さん、片岡朗さん、副田高行さんと錚々たる面々が揃いいつも楽しませていただいているFONTPLUS DAYが早くもVol.4を開催されるようです。

ポールランドデザインの授業

デザインの良し悪しとはなにか。 ポール・ランド デザインの授業

デザインの善し悪しの秘密はデザイナーであれば誰でも知りたいと思うものです。 ポール・ランドの「デザインの授業」という本の中でランドはデザインの良し悪しをアプリオリを通じて説明しています。

オリンピックエンブレム

東京オリンピック2020 エンブレム選考3つの問題

昨年12月に〆切として行われたオリンピックのエンブレム公募ですがついに4つのエンブレムに絞り込まれたようです。改めて今回行われた一般公募の問題点が大きく3つあったことを振り返しって見ます。

WIRED

2015年3月号のWIREDはデザイン特集。

WIREDで今回デザインが特集されるということでじっくり熟読してみました。

砧書体製作所 書体見本

【レビュー】Fontplus 丸明オールドの片岡朗さんと副田高行さんのいい話。

前回、フォントワークスの書体デザイナー藤田重信さんで非常に楽しませていただいたFONTPLUS DYA vol.3に行ってきました。

書籍デザインのポスト

タイポグラフィーのポスト

お気に入りアイテムのポスト

デザイン理論のポスト